太陽光によってサンタンが起きるのは何故?

長い期間、紫外線光をあびると日に焼けちゃうのは、沢山のひとが分かってますよね。日焼けする元凶となるUVとは、一体どういった物でしょう。

UVとは、太陽光の一つであり、タイプをA波紫外線、B波紫外線・C波にわけることが出来るのです。ガラス窓みたいな光を通す物では、UVA波というものを遮断することは出来なくて、皮膚へと達するのです。ガラスごしに太陽光を受けていた場合や、車の運転をしてたときでも、UVA波はすり抜ける為陽焼けしてしまうんです。

また、紫外線b波は雲でさえぎれるので、雲の多い日や、雨降りの日減衰します。気候で照射している量が異なっているUVの量というのは、此の紫外線B波なのです。

UVc波が日焼けする事に関わりはないのです。その理由は、紫外線光C波はオゾン層を通過しないためです。

A波というものは、硝子を通り抜けることが可能な為、皮膚の奥にある真皮層に届いてしまいますが、有害性で言うならB波ほどじゃないと言います。

皮ふの日焼けの事を考えたら、室内でもUVを浴びてしまうので、いつも対策法を考える必要性のある太陽光なんです。肌の色が褐色になってしまうことが、サンバーンの働きではじゃ無いんです。シミやくすみが増えてしまうし、たるみや肌老化の要因にもなってしまうものなのです。

紫外線でサンバーンをするのは、皮ふを防ぐ為にメラニンの色素を多くする、防御反応なのです。黒っぽく焼けた肌は健康なイメージを相手にあたえますが、エイジングケアの視点から考えると肌にとってはいいこととではないので、その対処がたいせつです。